道路維持

交通規制作業(高速道路警備)

全国各地の高速道路において、交通規制業務ならびに交通誘導警備業務を行っております。各路線によって交通規制方法や交通誘導方法が異なりますが長年の経験と実績により熟知しております。
一刻一刻道路状況が変化する中で経験豊富な隊員を配置し、通行車両を迅速かつ確実に誘導し、交通の渋滞や混雑を防ぐとともに、工事が円滑に行われるよう業務を行います。各路線に必要な保全安全管理者や交通規制資機材、標識車、黄色パトカー等、設備も充実しており、緊急事象や、災害支援等においても高評価を頂いております。

維持・管理

道路をご利用されている方へ安心と安全を提供できるよう、日々の道路・施設の点検や補修作業、冬季には雪氷作業を行っています。

交通管理

道路管理者より委託を受け、交通管理隊は、交代勤務体制で24時間365日、定期的に高速道路を巡回し、道路状況・交通状況・気象状況などを交通管制センターに通報連絡します。
交通事故・車両火災・落下物などの異常事象に対しては、道路管制センターからの指示により、最寄の基地から緊急出動して交通規制を実施し、事故処理や落下物処理等を行い、高速道路の安全かつ円滑な交通を確保します。




料金収受業務

料金所の主要業務は、24時間体制での料金収受です。交通状況に応じて適切なレーン開放を行い、多種多様な車種区分を瞬時に判別、料金割引、ETCのご案内などに正確かつ迅速に対応して、日々お客さまが快適に有料道路をご利用いただけるよう努めています。

また、高速道路上で事故、災害、雨や雪による通行止めが発生した場合には、交通管制センターからの指示により、お客さまの安全を確保するため速やかにレーンを閉鎖し、お客さまへの説明や迂回路などの情報提供を行っています。

こうした業務に必要な収受係員のスキルは、計画的な研修で学びます。高速道路料金の仕組みやさまざまな割引制度、機械操作、車種判別など収受業務の基本を習得するのはもちろんですが、接客業として欠かせないマナーや心構えも一から学びます。研修では、ほかの料金所社員との意見交換などを通して、一人ひとりの意識向上を目指します。

Top